HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)土地分筆登記が必要な場合(相続編)

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

土地分筆登記が必要な場合(相続編)

先日事務所へ「分筆費用は誰が負担するのですか?」との問合せがありました。との話から前号で土地分筆登記の説明及び費用負担について売買を例に説明させて頂きました。この相談をされて来た方は相続の為に分筆が必要となったとの事でした。では相続時にどうして分筆登記が必要となるのでしょう?

相続財産の分け方にも色々ありますね。
全財産を現金化し相続人全員で分配するもよし。
跡継ぎ長男が全財産を受継ぐもよし。

私は職業柄財産を沢山お持ちの地主さんとお会いする機会が多いですが、管理も含め頭を悩まされている方が多いですね。これも子を想う余りの悩みなのでしょうか?「親の心なんたら」ですね。

さて相続の場合どういったケースで分筆が関わってくるでしょうか?
例えば相続分は均等として1筆の土地を相続人3人で取得するとどうでしょう。
これでは1筆の土地全体を3人で1/3づつ共有する事となってしまいます。全体を3人で使うという事です。相続人がずっと仲良しでいれば問題ありませんが、1筆を3筆に分筆し3人がそれぞれ分筆後の土地を単独で相続した方が良さそうではありませんか?その後売りたい人は売れば良し。住みたい人は住めば良し。

ほんの一例ですが、この様な時に活用出来ますね。費用負担については分筆する面積割合に合わせて分筆費用を負担するのが一般的ではないでしょうか?
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher03.jpg

測量・登記 タカノ事務所
土地家屋調査士・測量 高野智之

〒259-1136
神奈川県伊勢原市串橋177-7
TEL/FAX:050-1453-2742
携帯:090-9131-5784
e-mail:takanogumi1777@yahoo.co.jp

backnumber

このページのTOPへ