HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)教育資金の贈与

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

教育資金の贈与

25年度税制改正大綱において教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置が新設されました。国も次から次へと色々考えるもんですね。

こちらもついていくのが大変です!具体的には、親(父母、祖父母)が30歳未満の息子か孫に対して、教育資金を金融機関に息子や孫名義で口座を作って信託することで贈与税が非課税になる制度です。

金額はもらう人一人に対して1500万円までなので、例えば孫が3人いれば4500万円まで教育資金なら贈与税を課さないというものです。期間は今年の4月1日から平成27年12月31日まで。ここで言っている教育資金とは学校等に支払われる入学金その他の金銭で、塾などは学校等以外なので500万円が限度みたいです。

また金融機関が領収書をチェックして保管するので教育資金以外には使えませんね。しかも使いきれずに余った金額は息子や孫が30歳に達した日に贈与があったものとして贈与税を課税されるので注意が必要です。たしかに近年の教育資金にはお金がかかるイメージがありますが・・・この制度を使わなくても普通に贈与税は毎年110万円まで非課税ですからその手もありますけどね!
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher02.jpg

荻原税務会計事務所
所長税理士 荻原敦

〒243-0003
神奈川県厚木市寿町3-4-5 米山建物2F
TEL:046-225-3831 FAX:046-224-5646
e-mail:tax@ogiwara.zei-mu.com
http://ogiwara.zei-mu.com

backnumber

このページのTOPへ