HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)住宅ローンの借り換えをした場合

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

住宅ローンの借り換えをした場合

このところ消費税増税前の住宅購入を考えられている方も多いと思いますが、住宅を購入して住宅ローン借入をした後に例えば、より低い利率にしたいから住宅ローンを借り換える!なんてことがあります。実際、5年前の金利と今の金利ではずいぶん違いますからね。

まず、住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローンは、住宅の新築、取得又は増改築等のために直接必要な借入金等でなければいけません。したがってこの借り換えによる新しい住宅ローンは原則として対象にはなりません。

しかし、次の①②の要件を満たす場合には住宅借入金等特別控除の対象になるものとして扱われます。①新しい住宅ローンが当初の住宅ローンの返済のためのものであることが明らか ②新しい住宅ローンが返済期間10年以上のものであることなど住宅借入金等特別控除の対象となる要件に当てはまること。

したがって、この一定の要件さえ満たしていれば借り換えを何回しても引き続き住宅借入金等特別控除の適用を受けることができるという事です。この機会に見直しを検討されてみるのもよいのではないでしょうか。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher02.jpg

荻原税務会計事務所
所長税理士 荻原敦

〒243-0003
神奈川県厚木市寿町3-4-5 米山建物2F
TEL:046-225-3831 FAX:046-224-5646
e-mail:tax@ogiwara.zei-mu.com
http://ogiwara.zei-mu.com

backnumber

このページのTOPへ