HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)借入金の話

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

借入金の話

会社を経営していくうえで金融機関等からの借り入れはある意味仕方のないことです。われわれ税理士も税金の話だけではなく、経営全般そのほか家族の心配まで関わる仕事ですから、借り入れの相談や保険の相談もよくあります。
「俺は金を借りるのは嫌いなんだ!」と言って借りずに会社が勝手に大きくなってくれれば、もちろんそれに越したことはありませんが・・・。

会社の資金繰りは売上のサイクルと支払いのサイクルのズレによってうまくいかなくなったりするものですし、もっと設備を増やして会社を大きくしていきたいと思ったらよほどのお金持ちじゃない限り借り入れに頼らざるを得ません。
そして金融機関等から借り入れをする場合、大体は信用保証協会の保証を付けてくださいとか、配偶者が連帯保証人になってくださいとか、不動産をお持ちならその不動産を担保に入れてくださいとか色々言われます。

ここで知っておいていただきたいのは、借り入れをする際に自分に万が一のことがあった場合の家族や会社の従業員等への影響を考えて何かしらの対策をしておくことが重要だという事です。
よく皆さんが勘違いしていることで信用保証協会が保証してくれているから何かあっても大丈夫!と思っていますが、何かあっても大丈夫なのは貸した側の金融機関等なのです。金融機関等は保証協会が代わりに返済してくれますから・・・その代わり、こちらは保証協会に返済していかなくてはならないのです。自分に何かあれば保証人になっている配偶者が返済していかなくてはなりません。

また不動産が担保に入っていれば家族は住むところを失ってしまう可能性もあります。例えば、個人の住宅の取得時には、よく団体信用生命保険(団信)に入らされて万が一のことがあった場合には保険で返済してくれますが、これが会社の場合にはないので自分でリスクを回避するために金額に応じて社長に掛け捨ての保険を掛けるとか対策を考えなくてはなりませんね。

借り入れをする際にはご注意を。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher02.jpg

荻原税務会計事務所
所長税理士 荻原敦

〒243-0003
神奈川県厚木市寿町3-4-5 米山建物2F
TEL:046-225-3831 FAX:046-224-5646
e-mail:tax@ogiwara.zei-mu.com
http://ogiwara.zei-mu.com

backnumber

このページのTOPへ