HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)パートをしている主婦の気になる税金

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

パートをしている主婦の気になる税金

子育てが一段落した主婦の方が家計の足しにとパートに出て働くケースが増えていますよね。そんな場合によく税金と夫の扶養に入るかどうかで年末が近づくと出勤日数を調整しなきゃ!なんて悩むことありませんか?今のうちにその仕組みについて少し把握しておくといいかもしれません。

まず皆さん税金がかかるかどうかと言いますが、それは所得税や住民税がかかるかどうかという事です。よく税金がかからないのは、103万円以下までと言いますよね。これは所得税がかからないという意味です。そしてこの103万円以下なら夫の扶養に入ります。これは税金でいう「扶養」です。

つぎに住民税について、住民税とは市民税と県民税を合わせた呼び方です。便宜上、市へ払いますが、そこから県へ送金されています。ここで落とし穴なのが地域によって違いますが、厚木・伊勢原の地域では100万円超~103万円以下の場合、住民税は少額ですがかかる!という事です。
よく103万円ならかからないと聞いていたのに市から税金の通知が来た!なんて怒っている人もいますが、それは所得税がかからないだけで住民税はかかるからです。所得税も住民税もかからなくするためには100万円以下でなければならないのです。

そしてもう一つ重要なのが、夫の社会保険でいう「扶養」です。社会保険とは年金や健康保険などのことです。このラインは130万円で130万円を超えると、夫の被扶養者からは除かれ自分で健康保険や年金の保険料を払わなくてはなりません。これは注意した方がいいですね。
このように一言で「扶養」と言っても対象によって意味合いが違うので103万円だけでは危険です。

どうせ働くなら中途半端な金額ではなく、たくさん稼いでしまった方がいいかもしれないですね(笑)
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher02.jpg

荻原税務会計事務所
所長税理士 荻原敦

〒243-0003
神奈川県厚木市寿町3-4-5 米山建物2F
TEL:046-225-3831 FAX:046-224-5646
e-mail:tax@ogiwara.zei-mu.com
http://ogiwara.zei-mu.com

backnumber

このページのTOPへ