HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)仕事中にインターネットをする問題社員

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

仕事中にインターネットをする問題社員

今やパソコンはビジネスマンの必需品であり、とても便利なツールです。しかし一方でパソコンを1人1台ずつ使うようになってから、仕事中に関係の無いサイトを覗いたり、合コンの連絡(?)など私用でメールを使っていたりという話もよく耳にします。

また、時には怪しげなサイトにアクセスして、パソコンがウィルスに感染し業務上の大事なデータが流出してしまったなどという話も聞きます。 その他に残った仕事を自宅で片付けようとして会社のパソコンデータを持ち出し、自宅のパソコンを介してデータが流出するなどの事故も多発しています。 実際にデータが流出したり、お客様の個人情報が漏洩した場合には、会社の管理責任というものが問われます。 つまり会社が従業員に対してパソコンの使用方法やデータの取り扱い基準などをきちんと監督していたかどうか?という点が問題となってしまうのです。 特にお客様の個人情報を取り扱うサービス業などで個人情報が漏洩すると、マスコミにも大きく取り上げられますし、何よりお客様の信頼を失ってしまいます。 パソコンは仕事に使うためのものですから使用ルールを規程化することが重要ですね。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher01.jpg

石川社労士事務所
社会保険労務士 石川弘子

〒243-0018
神奈川県厚木市中町2-13-14
サンシャインビル601
TEL:046-240-8711 FAX:046-240-8710
http://www.ishikawa-sk.com

backnumber

このページのTOPへ