HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)ミスが多い従業員はクビにできる?

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

ミスが多い従業員はクビにできる?

以前ある会社の従業員の方から、このような相談を受けました。
「同僚で仕事が全く出来ない人がいて、ミスばかりする。自分がフォローしなくてはいけないので大変だ。どうして会社はその人をクビにしないのか?」
確かに、同僚がミスばかりしていると、フォローする方も大変ですし、(会社がクビにしてくれればいいのに・・)と思う気持ちも理解できます。
しかし、クビ(解雇)にするためには、法律上の規制もあり、そう簡単にはいきません。

ミスが多い従業員に対して、それまでどのように指導・教育してきたのか?また本人が能力を発揮しやすい部署への異動等も検討してきたのか?など総合的に見て、解雇が有効かどうか、判断されます。
会社があらゆる方法で改善のための指導に当たり、異動等も含めて努力したが、本人が能力を発揮できなかった、というプロセスを踏んで初めて解雇が有効となります。

ミスや能力不足を理由とした解雇は、いきなり行うのではなく段階を踏むことと、就業規則等による根拠が必要なのです。「あんな使えない人は、クビにするべき!」と思っても、簡単に解雇してしまうと、会社が訴えられてしまう可能性もあります。
ミスの多い従業員に対しては、根気よく指導していく事も必要なのです。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher01.jpg

石川社労士事務所
社会保険労務士 石川弘子

〒243-0018
神奈川県厚木市中町2-13-14
サンシャインビル601
TEL:046-240-8711 FAX:046-240-8710
http://www.ishikawa-sk.com

backnumber

このページのTOPへ