HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)遅刻・欠勤の多い問題社員について

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

遅刻・欠勤の多い問題社員について

「従業員と会社とは契約関係にありますよ。」と言うと、「え?契約って家を買ったり、保険の契約なんかを言うんじゃないの?会社と従業員が契約って違和感あるなぁ。」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、従業員が労働を提供し、それに対して会社が賃金を支払うという関係は、法律上「雇用契約」という契約になります。 従業員は会社に対して、「週に何日、何時から何時まで働く」ことと引き換えに「賃金」を支給されます。ですから当然遅刻や欠勤などで働かなかった時間分の賃金を支給する義務は会社にはありません。

しかし、いくら賃金を払わなくていいと言っても、遅刻や欠勤が多い人がいると他の従業員にも迷惑ですし、何より職場の秩序が乱れますよね。 そこで、遅刻や欠勤が多発した場合にはペナルティを科し、そのためのルールを定めておく必要があります。例えば昇給や賞与の査定の際にマイナスポイントとしたり、一定以上の回数の遅刻や欠勤は減給対象とするなどルールを定めて就業規則に記載しておくことが重要です。就業規則などに記載されていない減給などの制裁は無効となる可能性が高いのでご注意ください。就業規則でルールを決めて、そのルールに則って労務管理を行うことがトラブルを未然に防ぐ第1歩です。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher01.jpg

石川社労士事務所
社会保険労務士 石川弘子

〒243-0018
神奈川県厚木市中町2-13-14
サンシャインビル601
TEL:046-240-8711 FAX:046-240-8710
http://www.ishikawa-sk.com

backnumber

このページのTOPへ