HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)離婚後の氏と戸籍について

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

離婚後の氏と戸籍について

離婚すると、夫婦の戸籍は別々になります。現在の戸籍から抜ける側は、結婚前の親の戸籍に戻るか、新戸籍を作るかを選びます。子どもがいて、戸籍も一緒にする場合は、3世代一緒の戸籍は作れないので、新戸籍となります。新戸籍を作る場合は本籍地をどこにするかを考えておきましょう。子どもを自分の戸籍に入れる場合は、家庭裁判所で「子の氏の変更許可の申し立て」が必要になります。

氏(姓)は、旧姓に戻るか、婚姻時の氏を離婚後も名乗るかを選べます。相手の了解は不要。ご自身の判断で決められますが、どちらもメリット、デメリットがあります。この婚姻時の氏を離婚後も引き続き名乗りたい場合は、「婚姻の際に称した氏を称する届」を市役所に出します。提出期限は離婚から3か月以内ですが、離婚届と同時に出される方が多いようです。

注意点は、この届を出すと「やっぱりイヤになった」などと簡単には旧姓には戻れないことです。現在では、戸籍上姓が変わっても通称を名乗って良い職場が多くなっていますので、事前に職場に確認してから検討されると良いでしょう。

また、未成年のお子さんの氏を変更した場合は、成人してから1年以内に本人の意思で、元の氏に戻れます。大人の都合で変更したのですから、そういう手続きがあることも、親として伝えてあげたいものですね。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher04.jpg

行政書士 厚木なでしこ法務事務所
行政書士・FP 千代川浩子

〒243-0012
神奈川県厚木市幸町2-9 井上ビル207
TEL:046-281-8112
FAX:046-281-8113
e-mail:info@atsuginadeshiko.com
http://www.atsuginadeshiko.com

backnumber

このページのTOPへ