HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)離婚に伴う財産分与〜子ども名義の預貯金について〜

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

離婚に伴う財産分与〜子ども名義の預貯金について〜

あけましておめでとうございます。本年も行政書士コラムをどうぞよろしくお願いいたします。お正月と言えば、お年玉。今回は、離婚時に紛争になりがちな「子ども名義の預貯金」についてのお話しです。

離婚に伴う財産分与は、「婚姻後に二人で築いた財産は二人のもの。だから離婚するときには半分ずつ分けましょう」というものです。子ども名義の預貯金は親権者が財産管理をすることになっているので、親権者に引き渡す必要があります。「子ども名義の預貯金は財産分与の対象とならない」という判例もあります。

子どもの口座に預貯金をするという行為は「贈与」にあたるので、その預貯金は子どもの財産であるという趣旨が裁判で貫かれたということです。しかし、その前提には夫婦共に「子どものためにしていた預貯金」であるという認識が必要になります。

 ですので、通帳が子ども名義になっていても、その実態はへそくりだったり、離婚用の隠し預金である場合は認められません。子どもへのお年玉や節目事のお祝金などは子どもの財産です。

つまり、子ども名義の預貯金が財産分与の対象となるか否かは名義で判断するのではなく、その内容によりケースバイケースだということです。また、似ているものに学資保険がありますが、文字数の関係で次回にお届けしますね。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/upload/columnTeacher04.jpg

行政書士 厚木なでしこ法務事務所
行政書士・FP 千代川浩子

〒243-0012
神奈川県厚木市幸町2-9 井上ビル207
TEL:046-281-8112
FAX:046-281-8113
e-mail:info@atsuginadeshiko.com
http://www.atsuginadeshiko.com

backnumber

このページのTOPへ