HOMEコラム(保険屋・弁護士・税理士)<相続放棄>

コラム(保険屋・弁護士・税理士)

<相続放棄>

相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します(民法896条)。
従って、相続人は、財産だけでなく、借金等も承継します。そのため、亡くなった被相続人に借金や連帯保証債務があれば承継します。

もっとも、財産よりも借金が多い場合、相続する意味がないことが大多数ですので、相続を放棄する旨を家庭裁判所に申述することにより、すべてを承継しないで済みます。相続放棄の申述ができる期間は、「相続の開始があったことを知った時」から原則3か月です。
正確に言うと、①被相続人の死亡等の相続開始原因事実及び②これにより自己が法律上相続人となった事実を知った時です。その間にたとえば、被相続人の預金等から、身分相応の、当然営まれるべき程度以上の葬儀費を出したりすると、相続を承認していることになり、放棄ができなくなるので、注意しなければなりません。ただ、調査に時間がかかるなどの事情がある場合は、裁判所にこの申述期間について延長の手続きをすることができます。なお、相続財産を知らないことにつき,相続人に相当の理由があれば,被相続人の死亡を知ってから3カ月を経過していても,例外的に,相続放棄の申述を受理してもらえる可能性があります。
http://www.ayuchan-life.com/column/life/assets_c/2013/04/先生画像-thumb-240x240-198.jpg

丸山 幸朗  出身地:千葉県
血液型:O型
趣 味:バックパック旅行
好きなもの :麺類全般
小さい頃の夢:駅員→宇宙飛行士  

松田綜合法律事務所

東京都千代田区大手町二丁目6番1号
朝日生命大手町ビル7階
TEL:03-3272-0101
http://www.jmatsuda-law.com

backnumber

このページのTOPへ