HOMEコラム(スポーツ)夜空を眺めよう ~皆既月食~

コラム(スポーツ)

夜空を眺めよう ~皆既月食~

yozora_02.pngyozora_01.png  10月8日の午後6時過ぎから、皆既月食が起こります。
比較的見やすい時間に眺めることができるので秋の夜長に移り変わる月の景色をのんびり楽しみませんか?
 「月食」の始まりは午後6時15分頃、東の空で白い満月に地球の影が映り始め少しづつ欠けていきます。
月が地球の影にすっぽり入り込み、全体が赤く暗い月になる「皆既食」が午後7時25分頃となり、
それからこの「皆既食」は約一時間くらい続くんです。
 そして午後7時55分頃、月は地球の影の中心に至ります。
 月が地球の影に隠れると全く見えなくなるという印象があるかもしれませんが、普段の月の満ち欠けと月食では大きな違いがあります。
普段は月が月自身の影により欠けて見え、暗い部分には太陽の光が届いていません。
 月食では月に地球の影が映っています。
 地球には大気の層があり大気によって屈折した光が、地球の影に包まれた月を僅かに照らしているんです。
光には波長があり波長の短い青色の光は大気に反射して月まで届きにくく、波長の長い赤色の光は影に包まれた月を照らすので「皆既月食」では月が赤く暗い色になります。
 そして「皆既食」はその後も続き地球の影から抜け出すのは午後8時25分頃、少しずつ白い輝きを取り戻していきます。
月が地球の影から解放され再び白い満月に戻るのは午後9時35分頃になります。
 3時間ほどの天体ショーです。このような長い時間「月食」を、眺められる機会は、なかなかありせんので是非楽しんでください。 

backnumber

  • 夜空を眺めよう ~皆既月食~

このページのTOPへ